ワキガクリーム口コミ調査隊
*
ワキガクリーム口コミ調査隊 > クリアネオは多汗症の汗も抑えることができるのか

クリアネオは多汗症の汗も抑えることができるのか

ワキガなどの臭いの原因となるのが汗です。
そのため、臭いを放たないようにするには汗を抑えることも重要になってきます。

ワキガクリームとして人気のクリアネオは制汗成分も配合されているということですが、果たして多汗症の人の汗などもケアできるのでしょうか。

クリアネオでは多汗症の汗は抑えられない

汗が出ることは正常ですが、あまりに多く出るのはやはり困ってしまいます。
脇や顔、手のひらや足の裏など体の一部に異常に多くの発汗があることで悩む人は多いですが、汗は自分の意思でコントロールできるというわけではありませんので、何等かの対策が必要です。

手軽に行える対策として市販の制汗剤を選ぶ人も多くなっています。
通販にも良い商品があり、クリアネオも人気の商品ですが、多汗症にも効くのか気になるところです。

まず、クリアネオは多汗症の治療薬というわけではありませんので、これだけで防ぐのは難しいとされています。

汗を抑える成分も含まれていますが、どちらかというと体臭対策に役立つ商品です。
臭いの原因となる菌を殺菌し菌の原因となる防ぐこともできますが、大量の汗が即効で止まるという商品ではないことは理解しておきましょう。

多汗症への対策となると、それ専用の商品を購入したり、医療機関での治療も検討するなど別の対策も考えていきたいところです。

通常の汗であれば抑えられることが多い

クリアネオは多汗症など極端に多くの汗を防ぐための商品ではありませんが、全く汗に効果がないというわけではありません。

体臭を抑える成分はもちろん、制汗に良い成分も含まれていますので、通常の範囲の汗であれば抑えられることが多くなっています。
汗の出方には個人差もありますので、極端な量でなければ対応できる可能性は高いと言えます。

夏場の発汗を抑えたい人や体臭対策も行いたい人には向いている商品と言えるでしょう。

特に汗をかいたあとの体臭は気になるところですが、臭いの原因となるのは雑菌です。
クリアネオでは臭いの原因となっている雑菌を抑える成分が配合されていますが、こちらは医薬部外品として殺菌成分として実績のある成分です。

毎日使うものだからこそ、安全性にはこだわりたいところですが、無添加で天然成分も豊富に配合されているなど敏感肌の人にも安心して使える商品となっています。
永久保証制度も用意されており、もしも合わなかった場合にも安心です。

汗を抑えてくれる「パラフェノールスルホン酸亜鉛」とは

配合されている成分もチェックしておきたいですが、クリアネオにはパラフェノールスルホン酸亜鉛という成分が含まれています。
これは他の体臭対策や汗対策の商品にも良く選ばれている成分です。

パラフェノールスルホン酸亜鉛

この成分は金属塩や亜鉛塩の一種となっていますが、厚生労働省で認可されている安全性に優れた成分です。
タンパク質と混ざり合うと結晶化し塊になるという特性を持っていますので、汗が気になる部位に塗ると塊が汗腺をふさいでくれます。

さらに収れん性があり、毛穴や汗腺を引き締めてくれますので、こちらも汗の抑制に役立ちますし、肌をきれいに見せる効果も期待できます。

パラフェノールスルホン酸亜鉛は、低刺激で副作用も少なく毒性も低く安全性の高い成分となっています。

パラフェノールスルホン酸亜鉛自体は消臭効果があるわけではありませんが、汗を抑えることで雑菌の繁殖を防ぐことができますので、体臭の対策にも役立ちますし、消臭効果をより長持ちさせることも期待できます。

多汗症の改善には生活習慣の改善も必要

汗を異常に多くかく、多汗症を治すためには市販の制汗剤の使用や医療機関による治療も考えていきたいですが、汗は生活習慣も影響していると言われていますので、そのための改善も必要です。

生活習慣の乱れが影響している可能性もありますので、食生活や運動、睡眠時間などを見直してみることもおすすめです。

精神的なストレスも発汗の原因となることがありますので、適度に発散させることも大事です。
それから、ホルモンバランスの乱れも発汗につながることがありますので、こちらも改善の努力を行いたいところです。

交感神経を刺激することも発汗につながりますが、ニコチンやカフェインも交感神経を刺激しやすくなりますので、タバコやカフェインを多く含む飲料を控えてみるなどの対策もおすすめです。

最近はシャワーのみで済ませる人も増えていますが、湯舟にゆっくりつかることも全身から万遍なく汗を出すのに役立ちます。入浴は精神的なリラックス効果もありますので、ストレスや緊張で汗が多く出ている場合にも効果的です。

Pocket